五色沼へ行ってきた話 福島県北塩原村

子どもとお出かけ!節約しながら…!

こんにちは!

先日お出かけした五色沼について書こうと思います。

五色沼は福島県北塩原村にある30個程の沼の集まりで、緑や青、赤色などの色の沼を見る事が出来ます。

出発準備

先ずはお出かけの準備です、我が家はお金が無いけど少々遠出をしたいタイプで(奥さんが元アクティブアウトドアー派、わたくしはインドア派だけど自然万歳派)、出来るだけ節約出来るところは節約!がモットーとしています、モットー節約上手な(笑)方はいらっしゃると思いますが、我が家のお出かけスタイルのご紹介

当たり前ですが朝食をしっかり食べます(大帝の場合パパ担当)

先ずはお弁当をこしらえます、割と無計画な為いつ何時子供達がお腹を空かせるか分からない為4人家族ですが5人分程おにぎりなどをニギニギします(大抵の場合パパ担当)

飲み物お菓子を事前に用意しておきます、途中コンビニなどで買うと高いのでディスカウントストア等で楽しく選びます、コスパの良い飲み物(基本100円位の2リットルペット)や食べ物を見つけるとテンションも上がります(カゴ係はパパ担当)

高速道路は使いません、下道で移り行く景色や、ちょっとした公園、小川、などで寄り道休憩をしながら向かいます、特に子供には結構長時間になる事が多いので毛布1枚、タブレット、充電器等々を載せておきます(パパ担当)

あとは温泉も考えられるのでお着替えやらタオルやらも準備です(割とパパ担当)

その他おしりふきやお財布お人形などそれぞれ個人個人で必要の物を用意して準備完了

すぐぬ用意するコツはその荷物用のバックを用意しておく事、IKEAバック小はお着替え用、ミッキーの巾着はお弁当など出かける事が決まったらバックを引っ張り出して置いておきます、そうするとスムーズに準備できます、お風呂セットなんかは使わなかったら次回にそのまま持ち越しです。

出発

前置きが長くなりましたが準備が完了していざ出発!

運転(パパ担当)開始、ここで登場Googleナビ、私は愛用しています、所要時間や距離、コースも素早く調べられてナビゲーションもしてくれる最高ですね、なのでカーナビ代はかかっていません。

嫁はYahooナビ派でどちらが優れているか毎回競います、下らない事で楽しめます

大抵前半はなぞなぞや言葉遊びをしながらお菓子をボリボリ(パパは運転集中)、そうこうしているうちに子供達は寝てしまうので夫婦で会話(価値観がそっくりで助かる)

山間を走行しているとツーリングのバイクの方が沢山いらっしゃいます、今まで職業柄土日にお出かけが無かったので初めての光景にテンションが上がりました、我が家はのんびり走行のため後ろのバイクの邪魔にならないよう左により減速、するとライダーの方々は左手でサインを出していきます、なんのサインかわからず嫁が調べると「ありがとう」とか、「失礼します」らしい、カッコいいなぁとまたテンションが上がってバックミラーにバイクが映るたびに大袈裟に左によっては減速してました。

私もミニカーライダーとして良い乗り手になろうと思います

出発から2時間半、猪苗代湖が見えてきました、その頃おねいちゃんが起きて「海だー早く入りたーい」と叫んでいました、おねいちゃん海じゃ無いよ、そして今の時期は寒いから無理だよ…

到着

ほどなくして五色沼に到着、歩けるようになった妹は早く外で歩きたくて靴下と靴を差し出してきます…

五色沼には毘沙門沼あたりに散策路があり、駐車場とおみやげ屋さん宿泊施設もあります、トレッキングコースは約4km程あり毘沙門沼、赤沼、深泥沼、竜沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼、柳沼を見る事が出来ます。

早速

お土産やさんへ・・・?奥さんはお土産やさんが大好き、というよりもウインドウショッピングが大好き・・(結局買わない事が多い)私にはなかなか理解できませんが、そうゆう時間だと割り切って知識として吸収できるように楽しく見るようにしています、ただ今回は違いました早速買いました一個150円のお人形、色も四種類あり各色沢山あります、表情がみんな微妙に違います

嫁の提案で「中から好きな子を一個選びましょう」スタート

おねいは青、妹はピンク、奥さんは赤、パパは最後に残った色黄色です、玄関に飾るとあって妹以外真剣です

選んだお人形がこちら

買い物も済みまずは毘沙門沼へ、ここは割と大きい沼でボートに乗れます、せっかくなのでボートに乗り込み皆で出発!水は澄んでいて結構下まで見えました、冷たくて気持ちよかったです、ほぼほぼ漕いでいたのでお尻の皮が剥けてしまいました・・途中奥さんが興味本位で漕ぎたいと言うので一瞬だけ代わりました。

ここの池にはハートの模様がある鯉がいて、見つけると縁結び的な効果があるらしいです、貸しボートのお兄さんが「いるよー!」と叫んで教えてくれました、ありがたい事です。

発見!予想以上にハートだったのでビックリしました

貸しボートのお兄さんにお礼を言って、いよいよ散策を開始!

こんな感じで道が続きます、妹はパパが抱っこ紐で

それぞれの名前に由来した色の池が見ることが出来ます、赤や瑠璃や青など、山道を歩いているだけで楽しいです、ただ途中途中にクマ注意の看板があり、怖くてしょうがありません・・どうしても怖くて終始気を張ってしまいます(;´Д`

散策は15時頃出発、子供とおじさんおばさんの足では7個目の青沼到着が16時戻る事を考えるとここら辺が限界でした、青くて綺麗な青沼のほとりで少し休憩して行きました

青沼↓

自然を満喫できて楽しい1日でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です