bubu504レストア日記4

bubu504レストア日記4

やっと取りだした心臓部、エンジンのチェックとフレームの錆び取り、デフの確認をしていきます。

エンジンの取り外し

猿人の取り外しですがエンジンハンガー、エンジンの上部ボルト、デフと車輪の回転軸の繋ぎ目3カ所を外せば取れそうです、エンジンハンガーボルトは難なく外せます、この繋ぎ目は初めてなので慎重にやりました(組み立てる時忘れてしまうので…)

下の図通りなのですが、[ボルト3本][ナット6個][ボルト3本]の形状にどこから外して良いやら分かりませんでした(;´Д`A

まずはエンジン側ボルトナットを外します、はいナットが初めて見るナットです…ボルトの先の方に横穴ピンを通す為ですね、ナットもピンを通すために6面とも切り込み?があります、本当経験もない工具も最低限の素人にはこれだけで頭フル回転です、まずピンをラジペンで引き抜く、ボルトとナットを回す、外れる、やると簡単ですしピンもナットが外れない為というのもわかるんですが、初めての形状は…(しつこい)

デフまでの動力伝達は、エンジン回転軸回転、三角形の金具円盤状のゴムデフ側の三角形の金具回転、デフ回転ですね

とりあえずエンジン側だけ外してエンジンも下ろしてしまいます。

すぐさま次の難関、金具が軸からとれません!予想はしていましたがとれませんねー

ゴム製品が近くにないので556さんをタップリと

トンカチでコンコン(ゴムハンがないのでタオルを巻いて)

永遠繰り返し

ボルトピンナットの写真ですね、もう念入りに写真もボルト、穴、ナット重ねてピン分かり易く並べてとってますね、やり過ぎ感があって気持ち悪いですね

もう取れなくて同型のエンジン並べて見落としたような箇所アズしてないような箇所を探し始めるくらいよくわからないし疑心暗鬼になってますね…

手付かずのデフ側も確認まあ一緒ですね…

最終的にタイヤレバーとテコの原理でなんとか外れましたー!よかったぁーー!!

ちょっと疲れたので別の作業

ゴムの復活

ゴムの性能が復活するという噂のスプレー、クレのラバープロテクタント(ネーミングうろ覚え)をゴム円盤に噴射、良く刷り込みながらふきふきするとピカピカのプニプニになるという

ピカピカになりました!なんとなくやらかく?しなやかさが戻った感じがしますね、安いし良いですね、一昔前はとても高級品だったらしいです

作業の続きに戻って付け外しがスムーズになるようにしておきます、ブラシで撫でて556拭き取って556撫でて556

大分スムーズになったので安定の元の位置にはめ込み

エンジンの重さって萌えますよね(奥さんに変わってるクルマに乗ってる変人と言われました、あと職場の部下に「齋藤さんの覚えてることってなんの役にも立たない馬鹿なことばっかりでっすよね、本当記憶の無駄使い上手いですよね!」って言われました、変人は自覚がありますが記憶の無駄遣いって結構な悪口ですよね!思うんですけど結構な悪口ですよ!ハハハハハ)

エンジン取り外し完了

とりあえずはここまでで良しとします

エンジンはリード50多分AF01ですね、エアクリーナと後輪の泥除けが一体型のはずなんですが泥除けはカットしてありますね、ブレーキシューをくいくい回す金具?も切断されてます、連結部分に干渉するからでしょうね、この何ともいえない科学の粋?アイデアの粋?を集めて作られた感じが本当にそそります、あとやっぱりキャブの形状に萌えます。

とりあえずキャブとピストンの穴を塞いで終了です、見た感じエンジンは異常なさそうです、家に持ってきて手付かずの状態の時にエンジンかけたら始動してましたので(3秒で止まったんですけど)

ちゃんと不必要なキックレバーは外してありました^^(501は付けてあります、バッテリーが上がった時緊急始動用に寝そべって、手でキックレバーを引いてエンジンがかけられるから!!!)

ホンダのエンジンは素晴らしいので大概キャブの清掃でかかります、せっかくなので多少バラして確認して見ます(たいしてバラせません…駆動系、キャブ、ピストンくらいです…)

今日はここまで!最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございます!



BUBU504レストア日記3

こんにちは、BUBU504のレストア日記3回目です、できるだけわかりやすく図解も入れていますが、分かりづらかったら行って下さい

BUBU504レストア後部、デフ、エンジン取り出し

全くわからずサビサビでスタートしたレストアですが、タイヤを動くようにして広い所へ移動しました、とりあえず更にどこが悪いかと整備しやすいようにデフとエンジン部分を分離してみます。

しばらくクルクルしていました、近所の方に不思議そうに見られつつ、そこまで変人ではない事をわかってもらえるように「こんにちは!」と元気に挨拶をします(ご近所の方にはご迷惑だったかもしれません、この場をお借りしてお詫び申し上げます)

確認完了取り外し

とりあえず外す箇所です、これらを外せば車体と分離して確認しやすくなります。

こんな感じです、最初は固くって恐る恐るだったので時間がかかりました。

因みに私がある程度自分でできるようになったのはインターネットなどで一個一個調べて覚えていきました、その話は間に挟んでご紹介していこうと思います。

作業内容

油圧ブレーキなので後輪2つにつながるバルブを取りました↓

アクセルワイヤー、ニードル、オイルチューブ、ガソリンチューブを外します。↓

アクセルワイヤーが固着していたためペダル側も外しオイルを使って直しました、ワイヤー類は大抵これでとりあえず動くようになる事が多かったです。↓

ワイヤー固着の治し方

スピードメーターケーブルを外します

デフに付いています。

続いてギアワイヤーです↓

外します、これまたワイヤーが固着しています、正直バックできなくても手で押せばいいかなと思ってましたのであまり気にしていませんでした。

押し込むと前進、引っ張ると後進という構造です、ワイヤーを引くと(ドライブに入れると)引っ張ります、引っ張りを戻すと(バックに入れると)ワイヤーがスライドして押します、これはワイヤーカバーと中のワイヤーがガッチリ固着していてオイルを入れても直りませんでした。

サスペンションと本体と後ろの部分のつなぎ目のボルト、サイドブレーキのブレーキワイヤーを外して完了です。

エンジン、デフ取り外し完了

引っ張りだした物がこれです↓

これで見やすくなりました

今日はここまで、最後までありがとうございました。

bubu504レストア日記2

BUBU504レストア2

固着修理、移動

先ずはもう少し作業がしやすい所へ移動をしなければ話になりません…

タイヤの固着を解消し転がしていく!

タイヤの固着は強固で容易ではありません

504は全く何も分からないので、ホイールを外し(このホイールのナットもすごかったです…)構造を確認、501の場合と違い(バイクのホイールでドラムと一体担っています)あわせホイールとドラムを別々で、ナット4本でくっつけています。

見た感じと言うか大体はブレーキシューとドラムが錆びでくっついたり、ブレーキワイヤーがブレーキをかけたまま(引っ張られたまま)ワイヤーが錆びたりで、固着しています、構造を確認し外す方法を考えました。

ハンマーとタイヤレバー、556を駆使して取り外しに掛かります、後輪は油圧+サイドギアのワイヤーが繋がっており手間がかかりそうなので前輪から掛かります、ホイールを外した状態から556を隙間に噴射、ゴムハンマーを持っていないので5mmくらいのゴムシートを当てながらホイールを上下左右コンコンしていきます、振動でなかの錆がこぼれ落ち、剥がれていくイメージと、徐々にタイヤがスライドするイメージで叩いてゆきます、するとイメージ通りにとれてくれました!(所要時間1個30分ほどかかりましたが…)

 

後輪着手

後輪です…外れるのかな…

手前に伸びているゴムカバーがワイヤーです、先ずはワイヤーの根元とドラムを外します、これもワイヤーを固定しているナットが取りにくい+固着、556とハンマースパナを巧みに駆使して外していきます。

因みに私はナットやボルトネジなどはどこにどう付いていたかなどその時は覚えていても、後日再開時にはうろ覚えになってしまうので、付いていた所に戻します、また部品をつける時外さなくてはいけないので面倒ですが確実です、構造上外してしまうと元の場所に付けられないネジ類もいます、その時は画像で残しておくようにしています(かなり助かります)

ワイヤーを外しホイールを叩き片方ははずれたのですが、最後の左後輪がはずれませんーー…

保育園に子供をお迎えに行く時間から、片付けて着替えて準備する時間を逆算すると後1時間を切ってます!

少々強引かつ強めに叩きわずかな隙間にタイヤレバーを入れ、テコの原理で少しずつずらしていきます(これをもっと丁寧にやって入れば後で余計な出費をせずに済んだのに…)

「はいブレーキシューが凄い勢いでくっついています」

構わず強引にタイヤレバーで引っ張り出しました、外れはしましたがブレーキシューの土台と磨耗部分が剥がれてしまいました

「まぁ外れたからいいか!シューなんて買えばいいさ!」

無事?ドラムを外して回るように軽く磨き、もう一度ドラムとタイヤをつけ直して完了です。

広い場所まで持って来たところで完了です。

疲れたーー

タイヤも買いかえないと…


BUBU504レストア日記1

BUBU504購入!

キッカケ、入手

元々節約の為に捜し始めたミニカーですが今では5台になってしまいました…

その中でもネットにもなんの情報も無い手探りBUBU504のレストア日記を書いて行こうと思います。

ある日ずーっと欲しかった504が青森で出品されていました、写真写りは良さげです、値段を見ると何と50000円

「青森かぁ〜」

当時バイクやミニカーなど近県に軽トラを借りて、直接受け取りに行っていました、遠い所で静岡まで、ちなみに全て下道です(;´Д`A

家族を乗せて小旅行気分で福島に行ったり(当日は雪に見舞われましたけど…)

娘を連れていわきに行ったり(軽トラが到着寸前で故障、相手さまのは連絡を入れて車はいわきで修理、ファミレスで娘とご飯を食べながら奥さんの迎えを待ちました…)

静岡県にも前日の晩に出発してドライブがてらに行ったものです

そんな経験と広島から実家まで下道で帰って来たときの感覚で考えてますから青森も「下道で12、3時間だろうと」あまり考えずに購入しました、知人は11時間でついたと言っていました。

意気揚々と家族で22時に出発!10時着予定!結果朝4時頃まだ福島県…(;´Д`

結局高速で往復、多少青森県(2時間くらい)観光してとんぼ返りでした!いい思い出です。

現状確認

そして購入した504がこちら

現状

バッテリー上がり

タイヤ固着

タイヤパンク

シートボロボロ

サイドブレーキ固着

ギアシフトポッキリ折れ

ギアシフトワイヤー固着

ブレーキ固着

ワイパーなし

ウォッシャーホースちぎれ

外そう割れ欠け剥がれ多数

後部アクリルヒビ割れ

ミラー割れ

テールランプ割れ

草ボーボー

アクセルワイヤー固着

ブレーキオイル空っぽ

フレーム錆び錆び

書類なし

一通りこんな感じで

ガソリンを入れてバッテリーを繋いでエンジンをかけた結果

電装ウインカーつかず

ライトわからず

ホーン鳴らず

こんな感じでした!

良かった所は、カギあり、エンジン、マフラー、タンク、フロントガラス、左右ウインドウ、フレーム辺りは大丈夫そう、この辺がしっかりしてれば何とかなるものです。

やり甲斐でます。